ラブラドールともっと幸せに暮らす blog
onelab.exblog.jp
Top




ラブラドールと幸せに暮らす ブログ
LINK
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
自宅で学べるハワイアンキ..
from パーフェクトハワイアンキルト
TRICK-OR-TREAT
from ジャックラッセルテリア cy..
今年もですか・・・?
from hairy kids
ハッピーラブズオフ会 i..
from 犬の生活
小金井公園オフ!ブログの輪
from hairy kids
ラスティが助けてくれた?
from おやじの背中
犬橇
from 犬の生活
たくさん雪が降りました。
from hairy kids
新装開店
from 犬の生活
コスプレ?
from hairy kids
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
我が家のかゆかゆストーリー vol.5
前回の続き・・・

vol.5 「完全食神話の崩壊」

「ドライフードはあらゆる栄養素が収められた完全食である」
ペットショップだけでなく動物病院でさえ当たり前のように言われてきた
この決まり文句。

私も3年という長い間、これを鵜呑みにしてきました。

そのことに恥ずかしながら何の疑問も抱かなかったのです。
ドライフードだけを食べ続けていれば必要な栄養は摂れるから
大丈夫なんだといつの間にか思い込んでいました。

ところが、ドライフードが完全食だという説は実は大間違い!だったようです。

値段の安い粗悪なペットフードに限らず、
プレミアムフード、あるいは自然食フードといわれているものでさえも
それは同じなのでした…

フードと一緒にそれを補うための様々なサプリメントが売られていますが
そのこともドライフードが完全ではないことをある意味で証明しています。


b0003933_29517.jpg
調べてみると色んな情報が入ってきました。

まず、極端に安い値段で売られているようなドッグフードには
どんな粗悪な材料が原料に使われているかわかりません。

これに関してはいろんなところで言われているので詳しく書きませんが要は、BSE問題で話題にのぼった肉骨粉のように人間からみたらとても食べものとは思えないような材料が使われているのです。

現状では日本でも規制がないので詳しく追求することさえもできません。

また、粗悪なペットフードに使用されている合成添加物などの化学物質も
ご存知のようにペットの体にいいはずはなく、
ガンの個体増加の原因になっていると言われています。

それでは、プレミアムフードや自然食とうたわれているペットフードはどうなのでしょう?

私たちも、一応犬の食餌に少しは気を使って(いたつもりで)良かれと思いそのようなフードを選んで食べさせていましたが、実際にはそれほど大差はないのかもしれません。
加熱処理されている以上、酵素がフードに含まれていないのは同じことです。

さらに、材料になる肉には人間用と同じものを使い、
酸化防止には天然の素材を使用していますとうたわれていたりしますが、
どのみち実際には長期間品質保持することは困難であり、
フード中の脂肪が酸化してしまえば合成の酸化防止剤と同じくらい有害なもの
に変化してしまうという危険性も指摘されています。

よく考えてみれば、あのカリカリフードの中に完璧な栄養がバランスよく
詰まっているなんてことも、とても不自然なことです。
自然界にそんな食べ物があるはずもありません。
また、仮にあらゆる栄養素が入っていたとしても、
それをきちんと消化吸収できるかどうかはまた別の問題のようです。


酵素はいろんなかたちで消化を助けます。
自然の食材には、自らの消化を助ける酵素が豊富に含まれています。
食材に酵素が含まれていれば、体が余計な酵素を作り出す必要がないのです。

それに対して、ドライフードには酵素がありませんから
消化するために体が酵素をたくさん作り出さなくてはなりません。
それだけでも、体に大きな負担がかかります。

そして消化し切れなかったタンパク質が中途半端なかたちで吸収されることが
アレルギーの原因になっているとも言われています。

特に離乳期の子犬に、高タンパクのドライフードを
お湯でふやかして与えることは、消化能力が未発達な個体にたいして
かなり無茶をさせているようです。


巷でまことしやかに言われてきた
ドライフードがそれだけで完全食だという考えは間違いで、
むしろそう言われ続けてきたことの弊害が、
現代の世代に現われはじめているのではないでしょうか。

少なくとも私はそういう風に考えるようになりました。

これは人間にもいわれていることですが、食品に加えられている様々な
添加物や環境汚染物質などの有害物質が少しずつ体に蓄積されていって、
それが後の世代にも悪影響を及ぼしてしまう・・・

犬の場合は世代交代が早いので、そうした悪影響が
既に出始めているのかもしれません。

これはとても恐ろしいことです。
今現われている病気やアレルギーの原因がその個体だけでなく
その親やそのまた親から受け継いできた何かによるのだとしたら・・・
それは簡単に防げる問題ではなくなってしまいます。



b0003933_163121.gif『だいたい、あのカリカリ毎日食べてても食べる喜びってもんがまったくないのよね!一応食べ物っぽい匂いがするからつい食べちゃうけど・・・
  それにあれ食べてると、やたらとのどが渇くのよ~なんで?』

b0003933_11023100.gif『おっしゃるとおり!ごもっとも!
 そういえば、おまえやたら水ガブガブ飲んでるよな~』



次回に続く・・・


注)ここに掲載している情報は、あくまで個人の経験談と考え方です。
  人によって合う合わないもあると思います。その辺はご配慮いただき、
  読み物としてご理解ください。

[PR]
by 1lab | 2005-03-29 02:02 | アレルギー? | Comments(6)
Commented by sola_labrador at 2005-03-29 02:51
ご無沙汰してました〜そらデス<(_ _)>
この「かゆかゆストーリー・シリーズ」とっても興味深く読ませて貰っています。
今のところ幸いにして、アレルギー様症状が発現していないオイラにとっても、
とても他犬どころではありません。
いつなん時、自分がそうなることもあるんですから。
今後のこのお話の展開に期待を寄せると共に、今ではロッタちゃんが快方していることを祈願して止みません。
こんなに愛されているロッタちゃん...絶対良くなってネ_(._.)_
Commented by 1lab at 2005-03-29 13:04
お~!そら君久しぶりですね~!
かゆかゆになる子、最近とても多いようですよ。
そら君も気をつけてください。
応援ありがとう!がんばりまっしゅ! ロッタ
Commented by ハニハニ at 2005-03-29 16:31 x
そうそう、仮にも(笑)お肉が入っているカリカリが
何ヶ月も保存出来るっちゅうこと自体、おかしいですよね。
わんこのアレルギーが激増したのは
ドッグフードが普及してからしばらく経ってからだと
聞いたことがあります。(ビリングハースト先生のセミナーで)

クララが診て頂いている先生は
食べ物はとても大事、食べるモノで体質改善も出来るっておっしゃっています。
実際、先生が飼ってらしたわんこは原因不明の病気でフラフラだったのに
生肉を主体にしたら、どんどん症状がよくなったんですって。
ワタシ、先生からその話を伺って、食べ物の勉強をし始めました。
人間もわんこも、食べたモノから体が作られてるのですから
食事は大事ですよね~~~~
Commented by 1lab at 2005-03-29 18:41
>ハニハニさん
こんにちは。
クララちゃんには良いお医者さんがいるんですね。うらやましい。
やはり生き物の基本は食べものなんですよね。
食事を変えただけで症状がよくなったというお話を
最近本当によく耳にするようになりました。
Commented by knighthime1 at 2005-03-29 23:42
そうそう。医食同源って言いますものね。
でも、最近は私達の「食」も厳しい目で見ないといけない世の中になっちゃいましたね~。(^_^;)
↓のウトウトの記事にTBさせていただきました。(^o^)
Commented by 1lab at 2005-03-30 02:41
>knighthime1さん
そうですね・・・
最近「医食同源」という言葉をわたくしも意識するようになっています。
ワン子だけでなく人間も同じなんですよね。
TBありがとうございます。