ラブラドールともっと幸せに暮らす blog
onelab.exblog.jp
Top




ラブラドールと幸せに暮らす ブログ
LINK
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
★鍵コメさん そうです..
by 1lab at 22:10
★がちょ梅ママさん こ..
by 1lab at 22:07
おはようございます☀&#..
by がちょ梅ママ at 06:40
★がちょ梅ママさん そ..
by 1lab at 22:21
私、神奈川県在住なのに、..
by がちょ梅ママ at 17:56
★がちょ梅ママさん こ..
by 1lab at 20:41
エレンは色々なところに連..
by がちょ梅ママ at 08:21
★がちょ梅ママさん あ..
by 1lab at 20:59
明けましておめでとうござ..
by がちょ梅ママ at 01:04
★がちょ梅ママさん エ..
by 1lab at 13:39
最新のトラックバック
自宅で学べるハワイアンキ..
from パーフェクトハワイアンキルト
TRICK-OR-TREAT
from ジャックラッセルテリア cy..
今年もですか・・・?
from hairy kids
ハッピーラブズオフ会 i..
from 犬の生活
小金井公園オフ!ブログの輪
from hairy kids
ラスティが助けてくれた?
from おやじの背中
犬橇
from 犬の生活
たくさん雪が降りました。
from hairy kids
新装開店
from 犬の生活
コスプレ?
from hairy kids
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
我が家のかゆかゆストーリー vol.4
前回の続き・・・

vol.4 「アレルゲンフリーの療法食とその後」


b0003933_11023100.gif『よ~し、このフードを食べていればもうバッチリだ!
  なんたって、アレルゲンフリーだからな~!ハッハッハ』

b0003933_163121.gif『あ~あ・・・またカリカリごはんだけか~~
 生きていくってことは、つらいことなんだわ~・・・』


それではこのアレルゲンフリーの療法食オンリーに切り替えたその後
ロッタの症状は果してどうなったのでしょう?

この療法食、最低でも2ヶ月以上食べ物をこれオンリーで(←厳しい)
続けないと効果がわからないということらしいので、
しばらくは食べ物の楽しみの少ない我慢の日々がまた続くことになりました。

普段、我が家ではご褒美にはおやつを使わないので
さほどおやつは食べさせていない方だと思いますが、
さすがにまったくナシというのはこちらもなんとなくつらいものがありました。


値段の高さにヒーヒー言いながらも、約4ヶ月程続けたでしょうか…

しかし、残念ながらその期間中に特別大きな変化は訪れませんでした。

何となく症状が少し軽くなったような気もするし、変わっていないような気もする・・・
そのくらいの変化しかありませんでした。

消化が良いというのは確かにそのようで、
便の具合が以前より良くなって、量も少なくなり、
それが一番の変化だったと思います。
ロッタの痒みに関しては相変わらず一進一退の状態が続きました。

アレルゲンフリーの療法食に変えたからといって、
そう簡単に劇的に変化が起きるような類のものではなかったようです。

『この食事に代えても、病院に行く回数がちょっと減ったかな?
くらいの変化しかないかもしれません・・・』
↑後で獣医師にこう言われました。(←ったく、早く言え!)

原因が食べ物なのかどうかもこの様子では結局分からずじまいでした…(トホホ)



b0003933_11023100.gif『なんだよ~!アレルゲンフリーとかいっても大して変化ないじゃんかよ~!
  こんなもん人に勧めるなよ~!ピキー』(←八つ当たり)

b0003933_163121.gif『だ~から、あたしが欲しいのはこれじゃないって言ってるでしょう!ブブーー』



ここで、いままでの経過を整理してみますと・・・

①アレルゲンフリーのフードに代えたら何となく症状が軽くなったような気がする。
 だから、もっと長い期間この食事を続けてみるべきなのではないか?

②アレルゲンフリーのフードに代えても症状にほとんど違いがなかったということは、
 このフードが合ってないか、原因が食べ物以外の他のものにあるのではないか?

↑この2通りの見方ができると思います。

しかし・・・

①のようにもっと長時間このフードを続けても、今の様子ではいつになったら
症状が治まるのか想像もつかず、しかももしコレで良くなったとしても、
このフードを一生与え続けるのか?

②のように仮に原因が食べ物以外だったとしても、今まで生活上排除できるものは
排除してきたので、症状を抑えるためには病院の薬を使うか、ロッタ自身の
体質を改善していくかのいずれかしかない・・・

(すみません、理屈っぽいですか?)
ぶっちゃけ、う~ん困った・・・というのが正直なところだったのですが、

よ~く考えてみると、食物のアレルギーにしろそれ以外のアレルギーにしろ
ロッタの体質改善を図るのが何より大切なことのように思えてきました。


(念のため申し上げておきますが、アレルゲンフリーの療法食に効果がないと言いたいのではありません。もっと長い期間根気よく続ければ効果があったのかもしれません。
ただ、我が家のケースには合わなかったというか、私の性格に合わなかったというか・・・そういうことです。)



いろいろ迷いがあったこの頃、
平行して、実はロッタではなく私の方にむしろ大きな変化が起きていました!

それはどういうことか?と言いますと、
私の「犬の食事」に関する考え方に大きな風穴が空いたのです。

今まで、我が家の愛犬の食事に関して信じていたことが
実は間違いだったということに遅ればせながら気付かされました。(←やっとかよ!)


きっかけは、ブログ仲間のHairy kidsさんのアレルギーに関する記事でした。
「ワンご飯について;ナイトのアレルギー1」
「ワンご飯について;ナイトのアレルギー2」
「ワンご飯について;ナイトのアレルギー3」
(Hairy kids のKnighthime1さんには本当に感謝しております。ありがとうございます。)

ドライフードにはどうしようもない大きな弱点がありました。
(えっ?それっていったい何?)

それは、酵素がフードの中に含まれていないことです。

酵素は熱に弱いため、加熱処理されてカリカリになった
ドライフードには、もう残っていないというのです。

この記事を読んでショックを受けた私は、その後いろいろと調べはじめました。


b0003933_11023100.gif『うおおおお~、どういうことだ~!騙された~~!』

b0003933_163121.gif『えっ?コウソ?それがおいしいやつなの?』(←わかってない)



次回につづく・・・



注)ここに掲載している情報は、あくまで個人の経験談と考え方です。
  人によって合う合わないもあると思います。その辺はご配慮いただき、
  読み物としてご理解ください。

[PR]
by 1lab | 2005-03-27 15:08 | アレルギー? | Comments(17)
Commented by ouiane at 2005-03-28 01:40
うんうん、そうかそうかぁ。
ロッタちゃん(粗食)も1labさん(高額)も4ヶ月間、よく頑張りましたね。
ヒルズの療法食、今はもう食べさせてないんですね。
それを聞いて、ひとまず安心。笑

そう、酵素は人にも犬にも非常〜に大切なものなんですよね。
続きも楽しみにしてますよ♪(でも無理せずにマイペースで進めてくださいねっ)
Commented by sanae15 at 2005-03-28 11:50
一気に読みましたよ  つづきが楽しみです 
Commented by 1lab at 2005-03-28 11:50
>ouianeさん
療法食、今は食べてないです。
何か療法食にまつわるお話をご存知のようですね??
お気遣いありがとうございます!(泣)
Commented by 1lab at 2005-03-28 11:56
>sanaeさん
うわぁ、ほぼ同時でしたね・・
いつもありがとうございます。
がんばりまっす!
Commented by りゅうママ at 2005-03-28 13:25 x
1Labさん 初めまして~(喜) 初コメです♪
いつも拝見させて頂いておりましたが、毎回 読み逃げございましたぁ m(_ _)m
アレルギ-って漠然としていて 中々 掴み所は無いのが 悩みですね!?
うちのリュウも去年の夏 お腹全体に湿疹が出来ました。Foodかストレスが原因かも・・・と言われたけど 結局 原因は わからずじまい・・・。

ウイアネさんのBlogから始まり 皆さんのBlogを拝見してますが、ホント 勉強になります。
いろいろ教えて下さいネ~☆

Commented by soloパパ at 2005-03-28 14:00 x
おひさしぶりです~。大変ご無沙汰してました。
仕事アレルギーで胃を壊した(?)、いや、生まれながらに胃が壊れて
いたらしいsoloパパです。ここ数週間、胃の調子が悪くてブログする
気になれませんでした~。

でも、前回のmisk_unoさんと同じようにvol.1~4を一気に読めて
ちょっとラッキー♪笑 
とにかく最後まで読んでみないと感想の書きようもないのですが、
うちの黒犬がアレルギーったときは、明確に、しかも短時間で
プラスチックが原因と判断できたのですが、本来はロッタちゃんの
ように大変なものなのですね・・・。汗 うちが超スーパーラッキー
だったのがよくわかりました。

アレルギーって大変なんですねぇ・・・。
Commented by maunakea11 at 2005-03-28 14:35
こんにちは。うちのワン(Kona)もアレルギーがあるので、他人事とは思えずに書き込みさせていただきました。私の場合は、とにかく1分でも1秒でも早くKonaの症状を和らげてあげたくて、゛何がいけないんだろう・・・?”と悩む時間も惜しくて、アレルゲンテストを受けました。結果は惨敗(笑)。でも、全部排除するのは無理だし、そのアレルゲン全部が全部、症状の原因になっているわけではありませんよね。だから、その結果を参考にしつつも、とりあえず「陽性」「擬陽性」と出たものは全て排除するよう努力しました。ごはんも、療法食を勧められましたが、ドライフードという形態自体がもう信じられなくなっていたので、すぐに手作り食に切り替えました。すると、1週間で劇的に効果が出始めたました。私も、本村先生の本を参考に、Konaに生肉主体のごはんをあげています。結局、アカラス(アレルギーで皮膚免疫が下がり、ダニに感染しました)の薬浴以外、飲み薬も注射もなく無事に乗り越えました。今は、本当に元気です。長くなってごめんなさい。でも、同じ悩みを抱えている飼い主として、エールを送りたくてお邪魔しました。これからも、応援してますね。
Commented by ハニハニ at 2005-03-28 14:56 x
油断してたら、話がどんどん進んでいた・・・

療法食、今は食べてないとのこと、ワタシも安心しました。>意味深
クララの大親友のバディ君は、アレルギーと診断され
療法食、週1回のステロイド注射、毎日のお薬・・・
コレを1年半続け、結局肝臓を悪くしてしまい
それが元で、5歳で命を落としてしまいました。
病院選びも慎重に。。。

あ、暗い話になってしまいました・・・
そうそう、酵素は大事だよぉ~♪
またまた、続きが早く読みたいですら。
Commented by 1lab at 2005-03-28 16:30
>りゅうママさん
コメントありがとうございます。
あちこちでお名前をお見かけしておりましたので、何となく初めてという気がしませんが・・・
皮膚疾患は、ホントに原因がわかり難くて困りますね。
おそらく多くの場合複数の原因が絡み合っているのだと思います。
リュウ君は、もう大丈夫なんですか?
そうそう、ストレスっていうのもあるんですよね・・・

こちらこそよろしくお願いします。


>soloパパさん
お久しぶりです~
胃の具合がよくなかったようですね。
っていうか先天性?ですか?
大事な体なんですからあまり無理しないでくださいね~

先日のsoloちゃんのケースは、幸いとてもわかりやすい原因で
すぐ解決できて良かったんですが、皮膚疾患の多くの場合は
なかなか原因が突き止められないようです。
困ったもんです・・・
Commented by 1lab at 2005-03-28 16:48
>maunakea11さん
応援ありがとうございます。(泣)
Konaちゃんの場合は、かなり酷い症状のようでしたから、
すぐに検査でもなんでもやってあげたいと思われたお気持ちよくわかります。
検査結果もきっとその後いろいろ判断する材料に役立ったと思いますよ。
それにしても、すっぱりと食餌を手作りに切り替えられたmaunakeaさんの
判断は、大正解でしたね。すばらしい決断だったと思います。
今はKonaちゃんすっかり元気なんですよね。
良かったですね~


>ハニハニ さん
こんにちは。
療法食ってやっぱり嫌な話がいろいろあるみたいですね・・・
バディ君、なんと言ったらいいか・・
かわいそうなことになってしまいましたね。
1年半もの間、毎週ステロイドを注射してたんですか??
おまけに毎日抗生物質ですか・・・・
本当に病院は慎重に選ばないとシャレになりませんよね。
Commented by misk_uno at 2005-03-28 17:25
4ヶ月続けるというのは大変な事ですよね〜!
金銭的にもですが、とにかく療法食のフードのみだったのですよねぇ?
私は今回のことで、お医者さんの言う事を信じてみるしかない。でも本当に信頼できるお医者さんなの?と、かなり疑心暗鬼になってしまって。
獣医さんリサーチやってはみたものの・・・聞く人によって全然違うんですよね。誰に聞いても、ここはいいよ!いいらしいよ!っていう病院は1件だけでした。でもこの病院だって自分で足を運ばなきゃわかりませんし。
しかし、驚く程沢山の方が同じ事で悩まれた経験があるんだなぁと。
皆さんのコメントは本当に勉強になります!
ロッタちゃんのアレルギーの記事も拝見できて良かったと思います。
で、つづきがあるんですって?(笑)
Commented by 1lab at 2005-03-28 17:39
>misk_unoさん
いや~半信半疑の状態で数ヶ月続けるのは辛いものがあります。
もっと早く辞めちゃえば良かったんですが、
変に我慢強いところがあったりして・・・
医者の言うことはね~鵜呑みにしない方がいいですよ~
ドライフードを勧めるんですからね・・・
でもホント経験者が多いということが今回よくわかりました。

まだまだ続きますよ~
Commented by ワンコのかあさん at 2005-03-28 18:28 x
うちの先代も、ハニハニさんのお宅のような経験があります。
ステロイドの長期投与に疑問を持ち、獣医を何件か替え、最期にたどり着いたのが、お世辞にもきれいとは言えない病院でかなりのおじいちゃん先生でした。ところがそこで見てもらったところ、「犬は元来肉食。生肉を食べさせなさい。掻きむしったところは感染症を起こしとるから、とにかく清潔に」とだけ言われ、もらった薬はヨードチンキを薄めたものだけでした。
ヨードチンキはしみるようで最初は嫌がりましたが、慣れてくると平気になり半月ほどで快方に向かいました。
やり方は古いのかもしれませんが、うちの子には良かったようです。

続き待ってま~す。
Commented by knighthime1 at 2005-03-28 22:40
こんばんわ~。
↓のウイアネさん同様、自分のブログの名前があってびっくりした~~~!(^∇^)
私もヒルズの療法食・・・ん?って思いました~。
でも半信半疑であってもお医者さんの言う事を聞くしかないかなって思っちゃうんですよね。
やはり医師に向かってたくさん質問したり対等に会話をするのは勇気がいりますものね。
でも本当はそういうことを気がねなくできるお医者さんが必要なんですけどね。
続き楽しみにしてますね。
Commented by 1lab at 2005-03-29 01:28
>ワンコのかあさん
やはり経験がおありなんですね。
何故、↑このおじいちゃん先生のような医者が少数派になってしまったんでしょうかね?何か裏があるような気がしてしまうのは私だけでしょうか?
なるほどヨードチンキですか。
なつかしい響きですがよく効いたんですね~


>knighthime1さん
その節は大変お世話になりました。
療法食の話・・・やはり、ん?と思われましたか。
今考えてみれば、所詮ドライフードですしね・・・
そのときは、何かしてやれることはないかという気持ちが強くて
冷静な判断力がなかったというか、ただ単に無知だったといいますか・・・
素直すぎですよね?もっと疑問に感じないといけないですよね・・
この件では、いろいろと考えさせられましたよ。
Commented by soloパパ at 2005-03-30 23:57 x
お返事が遅くなりました~。

先天的なものらしいです、今回の痛みの原因。
胃と食道を隔てる噴門という筋肉の弁があるのですが、
僕の場合それが緩んでいるらしいです。通常は老化現象で
筋肉が衰えて緩むらしいのですが、僕の場合はどうも先天的な
ものなのでは?といわれました。この弁が緩んでいるせいで
ストレスがかかって胃酸が多くなったときに、食道に逆流し
酷い胸焼け状態になってしまうらしいです。

いや~僕って病弱なのねん♪(イヤイヤ全然病弱って柄じゃありません)笑
Commented by 1lab at 2005-03-31 10:51
>soloパパさん
そういうことだったんですか~
聞いただけで胸焼けしてきそうです・・・
先天性ってことはある程度気長に付き合っていかないといけないんでしょうね。
無理をなさらずにお大事にしてくださいね。